化粧水の成分についていろいろ考えてみました

化粧水においては、何れにも共通した基本成分が存在します。それはグリセリン、BG(ブチレングリコール)、エタノール、DPG(ジプロビレングリコール)のことを指します。この点にヒアルロン酸といった高分子、界面活性剤、エキス類、あるいは増粘剤を配合して作り出します。

化粧水には閉塞性の膜を作って肌をなめらかな状態に保つ成分を欠かすことが出来ませんが、これは、コラーゲンやヒアルロン酸の役割になります。ここら辺は空気の湿気を集めて肌に水気を持たせる高分子です。ホホバオイルであったりオリーブなどといったオイル類を乳化させたものも保湿効果に優れてます。これらは肌に膜をつくり出し、肌からの水分蒸発を抑止してみずみずしさを保つ効果を持ち合わせています。グリセリンや、BGなどの多価アルコール類や、ベタイン、ピロリドンカルボン酸Naなど、アミノ酸類マルチトールといった様な糖類は角質層に拡がっていきます。そこで、水分が蒸発しないよう保ちます。グリセリンやヘダインなどといった低分子成分は、分子量が小さいので皮膚表面を通し真皮まで浸透することができるのです。そしてヒアルロン酸や、コラーゲンのような、膜を張って肌の表面に留まる成分が入っています。主にこの2種類によって化粧品は出来上がっているわけです。美容成分のたっぷり入ったイビサソープの口コミを確認してみてください!!