アラフォー年齢の前にパーツ・ケアもきちんと

現代風の女性ファッションはスカートよりもカジュアル、オフィスでもパンツ・ルックが一般的ですね。
昔ならば事務ジャンルは地味なオフィス・スーツでしたが、仕事ジャンルでもそれぞれの個性でよい時代、このスタイルで夏のポイントは足元のUVですね。

気温が夏日とか真夏日にシフトすると、朝の時間は忙しいのでUVはフェイスラインのメイクとか小物グッズを使うくらいのもの。
歩くときはパンプスよりも涼しい感覚の夏サンダル、ふくらはぎ丈のパンツならば、忙しくてもボディ用のUVジェルを使うとベストですね。

足元とかふくらはぎ、腕などのパーツは顔よりも厚いですが、毎年このスタイルですごすとお肌が少しずつ老化します。
つま先のマニキュアは使うけれどUVジェルを丁寧は少数、気温が高い季節は見た目よりも質感ケアを重視しましょう。

30歳前後くらいならまずまずという肌で通過しますが、アラフォーの年齢では肌老化を感じます。
40歳頃からケアすれば少しはリフレッシュしますが、若い内にきちんとケアするのが現代美容、つま先から日焼けと感じたら化粧水とかボディ・ローション。

多少のくすみは年齢の若さで肌再生できればよいし、夏通過し初秋と晩秋にもパーツのチェックとケアが必須です。

ミュゼ vio 事前処理