首イボの一般的な取り方

首イボができてしまった場合、一般的な取り方は「皮膚科に行って取ってもらう」ということです。大抵の場合は「医療用のハサミで切り取る方法」か「液体窒素によって壊死させ取る方法」がもちいられ、どちらも保険適応となります。

首イボの種類や大きさによって価格の違いはありますが、首イボ治療には保険が適応されます。基本的にこの保険適応の治療方法で「首イボを取った跡が残る」「すぐに再発する」などの弊害はないとされていますが、跡が残ってしまう心配を完璧になくしたい場合には、保険適応外(完全自己負担)での「レーザーによってイボを取る」方法を選ぶのが良いでしょう。

再発を完全になくすことは難しいですが、レーザーによる切除の場合「跡はほとんど残らない」とされています。自己負担での治療ですので金銭面での負担が増えること、どこの皮膚科でも行える治療方法ではないこと等、いくつか注意が必要となりますので、覚えておくとよいでしょう。

このほかに「ヨクイニン」という「ハトムギ」などに多く含まれる成分を多く摂取することで首イボを取る…という方法もあります。ハトムギ茶を飲んだりハトムギのサプリメントの服用などを実践することで、自然と首イボを取るという方法です。自然にイボが取れるのは魅力的ですが、長期のサプリメントなどの服用など、時間が掛かることや、体質によっては全く効果がない場合もあるようですので注意が必要です。

ヨクイニンを多く含んだ美容クリームは「艶つや習慣」と「クリアポロン」が有名です。特にクリアポロンは口コミでの評判が良いです。