分骨について

分骨とは、故人の遺骨を分散してお祀りすること。
最近の手元供養などの広まりによって、分骨も周知されてきた感があります。

本来は信仰的な習慣で、遺骨の一部を本山に納めるといったことで分骨してきたのですが、今では遺骨のすべてを収めたりする方もおられます。
人によっては、遺骨を分けることを嫌がることもありますが、遠方の親族のために分骨して別のところに納めてお祀りするということもあります。
共同墓地などでは、合祀永代供養などもありますし、こちらを利用すればお墓の運営管理者により責任を持った永代供養を行ってもらえます。
お墓を継ぐ人がいないなど、特に田舎の地域では起こりがちな事なので、お墓じまいなどと共に、こういった共同合祀を利用する方も増えています。
他にも珍しいところでは、散骨として海や山にまく方法や、樹木葬といって遺骨を土に埋め、樹木をその上に植えるなどの方法もあります。
ただ遺骨を勝手にまいたりするのは、法律上死体遺棄にあたることもあるので、専門業者を通じて行うことが大切です。

お墓についての知識を知っておくと。
墓石の見積りを比較するにもとても重宝します。
お墓の値段は普段気にすることはないので、いくらが妥当かわかりにくいです。
少しでもいいお墓を建てたいなら、見積を比較するのは大切です。