花にけだもの

花にけだもの』(はなにけだもの)は、杉山美和子による日本の漫画作品。『Sho-Comi』(小学館)にて、2010年17号から2012年23号まで掲載された。

概要

サブタイトルは「愛しくてたまらない」。

杉山美和子が『Sho-Comi』へ移籍後、第2作目の連載漫画(前作は『嘘つきくすりゆび』)。

メインの登場人物の名前には全て動物(けだもの)に関する漢字が入っている。 熊倉久実は「熊(くま)」、柿木園豹は「豹(ひょう)」、日吉竜生は「竜(りゅう)」、和泉千隼は「隼(はやぶさ)」、大神カンナは苗字の大神から「オオカミ」[1]。

また、作中で登場する“蓮高”とスクールリングの“ジンクス”は、前作『嘘つきくすりゆび』の物語の舞台となった高校とそのジンクスと同じものである[2]。

2012年3月、「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」に10位にランクインした[3][4]。

同年10月、『花にけだもの ~僕らのはじめて~』としてノベライズが刊行され、既刊8巻までの単行本累計発行部数は100万部を突破している[5]。

2017年、dTVとFODにて実写ドラマ化[6]。

あらすじ

…――キミはけだもの。いまだ恋を知らない――…

主人公熊倉久実は、下見をする為に新しい転校先の学校“蓮高”へ訪れる。

そこで出会ったのは王子様のようにカッコ良くて優しい人、柿木園豹だった。ところが豹は学校では超有名なプレイボーイで全校女子生徒の憧れの人物。

そんなことを知らない久実は豹の本性を知らず、瞬く間に恋に落ちファースト・キスを捧げてしまう。

豹の本性を知った久実は傷ついてしまうが、豹を好きだという気持ちは簡単には消えなくて…?

登場人物

熊倉久実(くまくら くみ)
声 – 花守ゆみり / 演 – 中村ゆりか
通称は「キュー」。小さい頃から転校・引越しを繰り返している。素直で純情な性格の女の子で、転校先の高校で出会った豹の本性を知らずに恋してしまう。お母さんの形見のくまのキーホルダーを何より大切にしている。
柿木園豹(かきぞの ひょう)
声 – 八代拓 / 演 – 杉野遥亮
久実が恋している少年。蓮高の“好きな人とスクールリングを交換すると恋が叶う”というジンクスから、全校女子生徒200人中199人のスクールリングをもらったプレイボーイ。久実の素直で純情なところに惹かれていくが…?
日吉竜生(ひよし たつき)
声 – 山谷祥生 / 演 – 甲斐翔真
転校した先でなかなか友達が出来なかった久実の最初の友達。明るい性格で、豹の友達でもある。実家は保育園を運営しており、子供の世話をよくしている。カンナ(後述)に片想いをしている。 アホだが天才!?
和泉千隼(いずみ ちはや)
声 – 梅原裕一郎 / 演 – 松尾太陽(超特急)
竜生とは幼馴染で、豹とカンナとは中学生の頃からの友達。クールで無口だが優しい性格。3人の姉がいる。あるデートをきっかけに久実に惹かれてゆく。
大神カンナ(おおがみ カンナ)
声 – 東城日沙子 / 演 – 入山杏奈(AKB48)
クールで謎の多い美少女。色々な噂が飛び交い誰も近寄らなかったが、久実だけが友達になろうと話しかける。とある事で久実と意気投合、徐々に心を開いていく。

番外編

花にけだもの プロローグ(2010年『Sho-Comi』増刊8月15日号)
花にけだもの 番外編 〜Case竜生〜(2011年『Sho-Comi』本誌5号・別冊付録)
花にけだもの 番外編 〜Case千隼〜(2011年『Sho-Comi』増刊4月15日号)
花にけだもの 番外編 〜千隼のシークレットX’mas〜(2011年『Sho-Comi』増刊12月15日号)
花にけだもの 番外編 〜部活男子 竜生〜(2012年『Sho-Comi』本誌5号・別冊付録)
花にけだもの 番外編 〜オレ降!新装版発売SP〜(2012年『Sho-Comi』増刊8月15日号)

ウェブドラマ

2017年9月18日に実写ドラマ化が発表され、同年10月30日よりdTVとFODにて配信。大谷健太郎と宮脇亮が監督を務め、主演は中村ゆりか[6]。本作品はSho-Comi創刊50周年記念事業として製作された。

2018年4月24日よりフジテレビのブレイクマンデー24(火曜0:55~1:25)枠でも放送[8]。

キャスト (ウェブドラマ)

熊倉久実 – 中村ゆりか
柿木園豹 – 杉野遥亮
和泉千隼 – 松尾太陽(超特急)
日吉竜生 – 甲斐翔真
大神カンナ – 入山杏奈(AKB48)
和泉つぐみ – 天木じゅん
和泉千鶴 – 黒田絢子

(以上wikipediaより引用)

フジテレビ 見逃し配信 無料