キャットフードに使われている危険性が高い原材料とは

猫を飼っている人なら、薄々でもキャットフードの危険性は気が付いていると思います。
今回は、キャットフードでどんなことが危険なのか調べてみました。

鶏副産物粉と原材料名に書かれていた場合は、何が混入されているかわかりません。
副産物と書かれているものは、実は肉だけでなく、骨や毛まで混入されている可能性があるものなのです。
パッケージの裏を見てみて、鶏副産物粉と書かれているものがあれば注意が必要でしょう。
では、4Dミートとはどんな肉なのでしょうか。
実は、死んだ動物の肉、病気の動物の肉、障害を持つ動物の肉、死にかけの動物の肉などが含まれているというのです。
人が口にしないような肉類を使っているため、品質的には最低ランクだといえそうです。
4Dミートを使われているキャットフードを食べ続けた猫は、猫に必要な栄養素が不足してくるためわかります。
または、炭水化物の含有量が多すぎるものは、肥満になってきます。
猫の毛艶が悪い、必要以上に太ってきた、糞の様子が悪い。
このような状況では、キャットフードの質を疑う必要があります。
ピュリナワンキャットフードの評判