肌に良い食べ物と良くない食べ物って何?

肌と食べ物の関係は、密につながっています。

普段の食生活から、肌に良い食べ物、良くない食べ物を知り、

そして食生活を変え、美肌になっていきましょう。


■肌に良くない食べ物って?

直接に肌を悪くするような食べ物ではありませんが、
美肌になるためにはオススメできない食べ物を紹介します。

1.炭水化物
一番は炭水化物です。
炭水化物はお腹が膨らみますよね。
それだけで満腹につながり、本来取っておきたい栄養素の摂取を妨げてしまいます。

また、炭水化物は糖質が多く含まれています。
その糖質摂取による細胞の糖化が肌の老化を早めてしまうことにつながります。

その為、炭水化物の過剰な摂取は美肌にはあまりオススメできません。

2.アルコール・カフェイン

アルコールやカフェインを摂取しすぎると、肌に必要な栄養素であったり、水分を体の外に排出してしまうため、肌に充分な水分や栄養素が行き届きません。

また、カフェインはビタミンCを破壊してしまいます。

そのため、アルコールやカフェインの適度な摂取は問題ありませんが、過剰な摂取は美肌にはあまりオススメできません

 

■肌に良い食べ物って?

1.ビタミンC
ビタミンCは、抗酸化力が強い栄養素です。その抗酸化力は肌の老化を防ぎます。
また、シミの原因であるメラニン色素に働きかけるため、シミを薄くする効果にもつながります。

ビタミンCは対外に排出されやすいため、毎食の献立にビタミンCを盛り込み積極的に摂取しましょう。

 

 

>> 美肌に良いビタミンC配合のリシャインパッチを試すにはこちらから