医療の現状

近年医療関係者の過酷な労働環境がたびたびニュースで取り上げられていますね。筆者はドラマなどでも10年以上前からよく目にしていました。

特に救命救急科は忙しいなんてものではなく、初療室はまさに戦場だという印象です。救命救急ほどではなくとも、それなりに人口の多い都市にある外科や内科のある病院はどこも本当に忙しいものだと思います。そんな過酷な医療の現場から離れたくなっている看護師や医師などの医療関係者はいつの時代も多く居るといいます。特に医師の方は非常勤で複数の病院を掛け持ちしている方というのも結構多いですから、その過酷な労働環境はスケジュール的にもとても想像しがたいものがあります。

転職を経験している医師は多いようですが、それもなかなか良い長く勤められる職場に出会えるものではなさそうです。医療関係者の転職率というのは本当に高いと言われています。それはやはり過酷な労働環境に見合ったお給与がもらえていないという意識が強いからだと思われます。それゆえに転職しても転職しても次の職場に満足できず、新しい病院を探し求めてしまうわけですね。しかし、医師専用の転職サイトを利用してご自身の希望に合った職場をしっかり探せば、ずっと居たくなる職場はきっと見つかるものです。

医師も看護師も免許を持ちながら、医療現場では働いていないという人はとても多いとされていますから、そうした方々は自分の希望に合った職場が見つけ出せておらず、医療業界に嫌気がさして退いてしまった方も多く含まれているでしょう。もちろん結婚退職等個人的な事情も多いでしょうが。ちゃんと探せば希望に合った良い職場というのは必ず見つかるはずなのにせっかくの免許を活かさないというのはやはり残念ですね。