便秘とお肌の関係

便秘がお肌に影響を与えると言うことはよく知られています。どうして便秘はお肌に悪いのか調べてみました。

便秘は、腸内にうんちが長期間溜まった状態ですから、私達の腸内細菌に悪い影響を与えます。

うんちがエサとなって、クロストリジウムなどの悪玉菌が増殖し、発ガン物質、発ガン促進物質、アンモニア、硫化水素などの有害物質や、おならの元となるガスを発生させます。

そのため、便秘の時のうんちはとても臭くなってしまいます。そして便秘が続くと、それらの有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐります。肌荒れや様々な病気にもつながると考えられています。

恐ろしいですね!!!!!

せっかく有害な物質がうんちから出てくれるはずなのに、それがかえって腸から吸収されてしまうなんてとても怖いです。

美肌を目指すにはまずは「便秘」にならないことがとっても重要ですね!

私自身もたまに便秘になることがあるので、カイテキオリゴという口コミの評判がいいオリゴ糖を摂取しています。