【転職しないメリット5個・デメリット5個】成功できる人の特徴は?

  • 転職しないメリットってなんだろう?
  • 今の職場に居続けていいのか不安…

今回は、そんなお悩みに答える「転職しないメリット・デメリット」を解説していきます。

職場に満足できていないと、転職しないメリット・デメリットを考えますよね。

転職について考えることは、働き方を考えることであり、生き方を考えることでもあります。

私は、たくさんのビジネスパーソンと出会うことで、ビジネスで成功する人には共通する特徴があることがわかりました。

結論を先に述べると、自分の才能を開花させようとリスクをとってチャレンジしたい人は転職すべきです。

対照的に、安定的な収入を維持させたい人や、人生において仕事に重点を置かない人は転職しないべきです。

成功できる人は、それぞれの考え方を尊重したうえで、自分の生きたい人生を選択しています。

これについて、詳しく解説していきます。

転職しないメリット5個

転職しないメリットは一言でいうと「安定」といえます。

転職しなくて済むならしないほうが確実にいいです。

転職をしないメリットは以下の通り。

  • ①収入が安定する
  • ②出世しやすい
  • ③スキルが磨かれる
  • ④職場の人と深い交流ができる
  • ⑤将来的に転職したとしても評価されやすい

細かく解説していきます。

①収入が安定する

基本的には転職をする場合、現在の収入からは減ると考えてください。

それは、逆に言うと安定的に給与を上げたいのであれば、転職しない選択をした方が良いということです。

前職で培ったノウハウがあるとはいえ、会社ごとに必要な力は異なります。

会社に長く居続けることで安定的に昇給していくのはサラリーマンの特徴ですね。

②出世しやすい

役職に就くのは敏腕サラリーマンでもない限り、基本的にはその会社に居続けた人ですよね。

出世のしやすさは勤続年数に比例するのです。

というのも、役職に就くということは、職場でどういう人が働いているのかを知っている必要があるからです。

③スキルが磨かれる

成功できる人は「ゼネラリスト」と「スペシャリスト」に分けられます。

ゼネラリストは広い知識や知見を持つ人の事を指し、スペシャリストは狭い範囲での専門家を指します。

一つの会社に居続けるのは、まさにその会社が属する業界のスペシャリストになるということです。

成功できる人は、中途半端に広く浅い知識をつけるくらいなら転職しないで、ひとつのスキルを磨いています。

④職場の人と深い交流ができる

転職しないメリットは仕事におけることだけではありません。

職場の人と長く深い人間関係を築けられるメリットがあります。

どの職種にするか?どの土地で働くか?を考えるのも大切ですが、良い人間関係で働けるかどうかも大切な指標の一つです。

今の職場の人間関係が良好なのであれば、それはとても幸せなことです。

⑤将来的に転職したとしても評価されやすい

長く会社で働き続けたということは、それだけで評価の対象となります。

会社が正社員を雇う上で、最も大切にしていることの一つは「長く働いてくれるかどうか」です。

すぐに転職をして職場を転々としている人を、会社は簡単に受け入れることができません。

転職しないデメリット5個

転職しないデメリットは一言でいうと「チャレンジできないこと」といえます。

転職をしないデメリットは以下の通り。

  • ①先の収入がある程度見える
  • ②出世競争に負けたときが辛い
  • ③自分の他の才能に気づけない
  • ④人間関係から逃れられない(閉ざされたコミュニティでしか生きられない)
  • ⑤意思決定力が鈍る

細かく解説していきます。

①先の収入がある程度見える

転職しないと、安定的な昇給は見込めますが、それは逆に言うと飛びぬけた収入を得ることができないということです。

近年、サラリーマンの平均年収は減少傾向です。

自分の身を自分で守ろうと、会社を辞める人も増えてきています。

②出世競争に負けたときが辛い

転職しないで会社に居続ければ出世はしやすいです。

しかし、出世できずに後輩に先を越される…なんてことも当然ありえます。

そんなときに、悔しさをバネに頑張れればいいですが、できなかったときが辛いですね。

③自分の他の才能に気づけない

同じ会社に居続ければ、当然ほかの職場での自分の力を試すことができません。

「自分にはこの職場がマッチしている」と思っていても自分には意外な才能があるかもしれないのです。

歳を重ねてから「もっと他の業界にチャレンジしておけば…」と後悔するかもしれません。

④人間関係から逃れられない(閉ざされたコミュニティでしか生きられない)

仕事上に起きた人間関係のいざこざだけでなく、プライベートでのいざこざも持ち込んでしまいます。

「職場の人と離婚した」なんて深刻ないざこざがあったとしても逃れられません。

また、閉ざされたコミュニティでしか生きられないため、価値観が固執してしまうというデメリットもあります。

⑤意思決定力が鈍る

転職しないで会社に居続けることは、安定を手に入れるラクな方法ではあります。

そして、それは思考停止に陥ることを意味します。

自分の確固たる意志を持って転職しない選択をしているのであれば、問題ありません。

成功できる人の共通の特徴は、自分の人生を自分で選択しているところにあるのです。

税理士事務所での経験を活かした経理職への転職をお考えの方へ

以下の記事では、税理士事務所での経験を活かした経理職への転職をサポートする転職エージェントをご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ジャスネットキャリアの評判は?税理士・経理職特化の転職エージェントを使うメリット・デメリット