サービス残業は当たり前のブラック企業を退職すべきか?

「サービス残業が当たり前」こんな企業にお勤めの方は決して珍しくないでしょう。

大手企業ではパワハラやブラック企業が撲滅の方向に進んでいますが、中小企業ではまだまだこうした意識は進んでいないというのが実際のところです。

わたしの仕事は接客業で、店舗で販売・レジ打ちをしています。

営業中はお客様第一主義の会社なので、お客様がみえたらすぐ接客につくことになっています。

でも、ずっと接客していると、仕事に必要な作業をする時間がありません。

店舗運営に必要である、商品出しをしたり、店内POPを作ったりなどはお客様がいない時間にしかできません。

当然、営業中だけで出来る訳がなく、毎日オープン前や閉店後に作業をしています。

問題は、それを会社から残業として認めてもらえないことです。

会社は「仕事が残るのは、お前たちが能力がないからだ。そんなのに金は払えん!」と逆にわたしたちに怒ってきます。

しかし会社の方針で、お店のスタッフはギリギリの人数で回しているため、普通に考えて営業中に作業をできる訳もなく、残業になってしまうのは一目瞭然です。

こんなブラック企業は辞めた方がいいと思いますが、実はもうわたしはここに10年も勤めていて、今さら違う仕事に就いてもやっていけるかな?と悩んでいます。

30代 フリーター 男